指紋認証キーは鍵が不要で安全性が高いですが、状況に応じて認証しにくく、導入コストがネックになります。

指紋認証キーのメリットデメリット

 

指紋認証のイメージ画像

指紋認証キーはセキュリティが高く、鍵の紛失リスクもないなどメリットも多くて、導入を検討している方の多い注目商品です。

 

読み込み精度も高くて合鍵を作る必要もないなどメリットはたくさんあります。デメリットは故障時や不具合の出た時に開錠が困難になる点です。

 

肌荒れの多い方や子供のいる家庭では不便に感じる意見もあり、導入コストもネックになります。

 

 

複数の指で登録しておく

指紋認証キーは手を怪我したり、肌荒れなどで作動しないこともあります

 

利き手の人差し指や親指を1本だけ登録するのではなく、複数の指で登録しておくと認識しないトラブルリスクを回避できます

 

商品によって、登録できる数が違います。
標準的なタイプで10~20個のメモリーができます。

 

1人3~4本登録することを前提に考えて、家族の人数に見合ったスペックの指紋認証キーを選びましょう

 

 

 

指紋以外の開錠方法を確認する

指紋認証キーの精度は高いですが、指を怪我した時や雨で濡れた時は読み込みにくくなります
冬の寒い時や雨風の強い日に玄関の前で何度も認証を繰り返すのは苦痛です。

 

状況に応じて常に一発認証しない特性があるため、指紋認証キーは指紋以外の開錠方法を用意している商品が多いです。

 

人気の高いのは暗証番号タイプです。

 

他の開錠方法が用意されていればリスクは緩和され、メカニカルキータイプではなく暗証番号なら鍵を持つ必要は一切ありません。

 

単純な暗証番号タイプの鍵は、特定の数字を入力することによって手垢が付いて番号が見破られるリスクがありますが、普段は指紋認証で開け閉めしていれば番号は見破られにくいです。

 

また指紋認証キーは登録を端末でできるため、タッチパネルのモノクロ液晶パネルを用意している商品が中心です。

 

液晶であれば入力するたびに番号の配置を変える機能もついているので安全性は高いです。

 

 

 

女性や子供は要注意

指紋認証キーで評判が悪いのは、主婦や子供のいるファミリー世帯です。

 

女性は洗い物をするので手が荒れやすいので認証しにくいです。

 

子供はそもそも指が小さいので認証されにくい上に、指と指紋も成長して大きくなるので定期的に登録しなおす必要があります。

 

結果的に高額な費用をかけて導入したのに、暗証番号や鍵を差し込む指紋認証以外の方法ばかり使ってしまう事例もあります。

 

何度も認証作業をするのに嫌気がさして、指紋認証機能を一切使わなくなってしまう事例もあります。

 

すでに子供の成人している世帯や子供がいなくて自炊することも少ない夫婦共働きの世帯などが指紋認証キーとの相性が良いです。

 

ファミリー世帯で生体認証にこだわりたいのであれば、顔認証など指紋以外のものも検討しましょう

 

指紋認証は価格が下がって10万円~20万円が相場ですが、顔認証は一流メーカーのもので50万円以上かかるのでコスト面がデメリットです。

 

将来的には顔認証キーが普及して値段が下がり、指紋認証を上回るシェアを獲得する可能性があります。現時点で顔認証は、住宅用よりもオフィスなど大人数の利用する施設での導入事例が中心です。