防犯性の低い鍵は表面に細かな窪みがなく、ピンへのアプローチ面が少ないです。

防犯性が高い鍵のトレンド

 

防犯性能に優れているディンプルキー

鍵の性能を語る為に、まずは防犯性が最も高い鍵をご紹介いたします。ピッキング被害の多発により有名になったのがディンプルキーというタイプの鍵です。

 

ディンプルキーは、キーの表面に窪みがついている事が特徴で、ピッキング対策として最高峰の防犯性能を誇ります。

 

なぜディンプルキーが安全なのか

 

従来の鍵の仕組みとしては、鍵の上下に掘られた凹凸がシリンダー内のピンを所定の形状に揃える事で施錠・解錠を可能にしていました。一方ディンプルキーは、鍵の全ての面にピンを動かすための窪みがあるので、上下だけでなく左右のピンにもアプローチする事が可能となるのです。

 

我々にとっては同じ鍵を開けるモーションでも、空き巣にとってはピンを操作する工程が何倍も増えることになるので、ピッキング対策に有効的であるとされています。

 

防犯性の低い鍵の特徴

 

それでは本題の防犯性の低い鍵とはどのような鍵なのでしょうか。ディンプルキーの特徴を参考にすると、防犯性の低い鍵はピンが揃えやすいという特徴があるはずです。その特徴に当てはまるのはディスクシリンダーピンシリンダーといった、ピンを揃えるための凹凸が少ないものになるでしょう。

 

防犯性の低い鍵の見極め方

 

防犯性が低いとされるディスクシリンダーピンシリンダーと、防犯性の高いディンプルキーの違いは表面に細かな窪みがなく、ピンへのアプローチ面が少ないということです。

 

現在、ディスクシリンダーやピンシリンダータイプの鍵は生産が終了していますが、ご自宅の鍵が表面や側面に窪みがなく、鍵の上下がギザギザしているだけのものでしたら、防犯性能に大きな問題があるかもしれません。

 

自宅の防犯性を上げるためには

 

もしご自宅の鍵が防犯性の低いものだとわかってしまったら、早急に交換することをオススメします

 

従来のディスクシリンダーやピンシリンダーといった鍵は平均して1分で解錠できることが知られており、直ちにディンプルキーに切り替える必要があるのです。

 

ワンドア・ツーロックでさらに安全に

 

ディンプルキーが取り付けられていても心配に駆られるようでしたら補助錠を取り付けて鍵を2つに増やしてしまうという手段が有効的とされています。2つ目の鍵は同じくディンプルキー、もしくはカードキー暗証番号タイプなど様々なアプローチが可能になっています。

 

鍵の防犯性は定期的に確認を

 

最近建てられた一軒家やマンションならば防犯性能も考慮された鍵が取り付けられている可能性が高いので、比較的安心です。しかし築年数が長い家に住まう場合は鍵の防犯性能が機能しているか必ずチェックする必要があります。

 

馴染みがないかもしれませんが、鍵というものは毎年進化し続けています

 

あまりに昔から鍵を変えてないようでしたら、一度インターネットで最新の鍵事情を調べてみるのも良いのではないでしょうか。