カードキーは合鍵が作りにくく、利便性に優れていますが、財布と一緒に紛失してしまうリスクがあります。

カードキーのメリットデメリット

 

カードキーは新築住宅での採用も増えてシェアを高めています。

 

  • カードを通す読み込みタイプ
  • 電子マネーのようにかざすだけで開錠・施錠できるICチップを活用した非接触タイプ

の2種類があります。

 

電子錠の中では比較的導入コストは安くて、利便性も高いのがメリットです。
今から導入するなら多少は高くても、かざすだけの非接触タイプをオススメします。

 

 

 

読み込みタイプでも、財布やパスケースに収納できるので便利ですが、出し入れをすると折り曲げたり傷付けて読み込まなくなってしまうデメリットがあります。

 

また、財布やパスケースと一緒にすると、外出先でカバンやポケットから出し入れする機会が増えるので紛失リスクが高く、財布と一緒にすれば金銭目的で盗まれやすくなります。

 

 

カードキーのメリット

  • 携帯しやすい
  • ピッキングに強い
  • 複製されるリスクが低い
  • 鍵の開閉が楽
  • 最新設備を導入している優越感を得られる(人に自慢できる)

 

カードキーの大きなメリットは利便性です。
一度カードキーを使ってしまうと差し込むタイプの鍵には戻れないという意見が多いです。

 

 

 

カードキーのデメリット

  • 合鍵を簡単に作れない
  • 財布と一緒に紛失してしまうリスクがある
  • 財布を落とすと鍵単体で落とした時よりも届けて貰えるケースが少ない
  • カードそのものを破損させるリスクが高い
  • 導入コストが高い
  • 紛失時や故障時に簡単に鍵開けできない
  • 停電や電池切れで使えなくなる場合がある

 

カードキーにも複数の種類があり、タイプによってデメリットやリスクは変わってきます。

 

 

カードキーの種類

カードキー導入時にチェックするポイントは以下のとおりです。

 

  • メカニカルキーの有無
  • 電源供給の有無
  • 読み込みタイプか非接触タイプか?
  • オートロック機能の有無

 

鍵を紛失したり、故障した時の対処法を踏まえて検討しましょう。
大きく分類すると読み込みタイプか非接触タイプがあります。

 

かざすだけの方が便利ですし、カードの出し入れがないのでカード摩耗しにくいメリットがあります。

 

 

 

メカニカルキーは紛失時や電池切れの時に主導で開閉できる差し込むタイプの鍵です。

 

鍵穴があるとピッキングリスクはありますが、最新のカードキーは小型のティンプルシリンダーを使っているタイプが多いのでセキュリティも高いです。

 

簡易的な鍵が付いていると利便性は高くても、電子錠のセキュリティ面による恩恵は薄れてピッキングされるリスクを背負ってしまいます。

 

車のカードキーでは太めのものを採用し、カードの中に小型キーを内蔵しているタイプもありますが、ドアの施錠をしてもメインキーでセキュリティをかけている車とは違い、住宅は簡易的なメカニカルキーでは防犯の観点でよくありません

 

 

 

利便性、セキュリティ面、紛失や故障、電池切れ時のリスクなどを総合的に判断して導入する鍵を選びましょう。

 

 

カードキーは業者なら壊さずに開けられる

技術力の高い鍵開け業者なら独自の技術や機材を使って、カードキーでも壊さずに開錠できます。

 

破壊や交換をされてしまうと10~20万円かかるところ、鍵開けで対応できれば1~2万円が相場です。

 

カードキーをなくして家に入れない時は、鍵開け業者を出張で呼ぶ前に、電話で破壊せずに開けることができるのか確認しておきましょう

 

悪質業者を使うと高額な交換費用を請求されるリスクがあります。